贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 佐藤農園

地元のカタログギフト

佐藤農園

京都府舞鶴市字佐波賀

kaiwa_satonouen
左から佐藤正之さん(息子)、佐藤初美さん(母)

  • sub2_satonouen
  • sub3_satonouen
  • sizuru_satonouen

舞鶴いちご(章姫)

二人と商品の思い出

“幸せを呼ぶいちごやなー”ってね。


正之昔は兼業農家をしとったけど、昭和のオイルショックの時にお父さんが会社を辞めて専業農家になったよね。
初美そうそう。懐かしい話やね。あんたが帰ってきて農業するって言った時は、できるのかなって思ったわ。ちょっともしたことないし。でも、真面目にやっているね。
正之最初はお母さんがやっていた葉タバコづくりを手伝うところから始めたなぁ。
初美一緒に3年位はやったかな?今は私は畑で白菜や葱や大根とかをつくってるけど。
正之うん。まぁ、いちごを始めたきっかけは不純なんやけどね。なんかするんにかっこええかなって(笑)。つくってみると、いちごは奥が深くて難しい。肥料が多いと味が濁ったり、なりづかれになったりする。でも、おいしいいちごで出したいから、暖房を入れずになるべくじっくり育てているよ。完熟でぼるけども、味・見た目・日持ちにこだわりをもってね。そういえば前に、あるご夫婦の仲が良くなかったんやけど、うちの苺を食べたら仲が良くなったらしい!「幸せを呼ぶいちごやなー」って言ってくれたみたい。
初美それは嬉しいね。私もいちごは好きや。毎日もらってお肌にもいいわ。
正之ご飯は、お母さんがつくる野菜料理。唐揚げとかじゃないけど、それが一番おいしい!
初美毎日つくるのは嫌になったわ。かわってくれーって(笑)。
正之いろいろ苦労かけとるけど、なんとか迷惑かけんように頑張ります。



寒さ厳しい舞鶴市にていちごを栽培する佐藤農園。じっくりと時間をかけた高糖度のいちごは見た目にもこだわりをもち、一粒の存在感が大きく、食べた瞬間に思わず顔がほころぶ甘さ。


card_satounouen-01
カード表(クリック拡大)
card_satounouen-02
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


佐藤農園
0773-68-0961
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス