贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 椎彩杜

地元のカタログギフト

椎彩杜

宮城県本吉郡南三陸町

kaiwa_seaside
左から 髙橋浩幸(息子)、髙橋幸俊(父)

  • seaside_sizuru
  • seaside_sub1
  • seaside_sub2

椎茸で彩られた杜のセット

二人と商品の思い出

流されずにすくすく育った椎茸に
尻を叩かれたんだよな!


幸俊夏に養蚕をしていた施設で冬場に椎茸栽培し始めたのがうちの前身。色んなとこさ行って技術を覚えて会社を立ち上げたのが2008年か。
浩幸菌床ブロックで順調にハウスが埋まってきたと思ったら、津波でほぼゼロの状態になってしまったね。
幸俊流されかけたハウスの隅っこに椎茸が生えてるのが見えてな。こんなに寒くてもきのこが残っている。その時は、この状況でもきのこがすくすく育っているのに、めげてらんねぇ!負けてられねぇ!って思ったよ。
浩幸そうそう。まだインフラも整っていなかったけど、とりあえず「とっぺとっぺ」って収穫した椎茸を入谷公民館に持って行って、すまし汁にしてもらったよね。
幸俊 思えば椎茸が我々の尻を叩いたよな。避難所さ持ってって料理したり、配って歩いたりして、色んなことしたな。
浩幸「きのこ屋さんの椎茸来た来たー」って喜んでもらってさ。待っててくれてるからやらないとって背中押されたよね!
幸俊これからはまた規模拡大だな!
浩幸そうだね。あと俺は消費者の裾野を広げていきたいって思っているよ。震災を期に加工品にも取り組み始めたからさ、「南三陸と言ったらこれ!」っていうオリジナリティのある商品を開発したいな。あとは、食育専用のハウスをつくって収穫体験をやって、その場でBBQで食べてもらいたい!



椎茸で彩られた杜をつくろうという思いから名付けられた、宮城県南三陸町の「株式会社椎彩杜(シーサイド)」。菌床栽培の肉厚しいたけは独特の香りが控えめで、他の素材を邪魔しないのが特徴。


card_seaside_omote
カード表(クリック拡大)
card_format
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス