贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 食べ物屋 セイリング

地元のカタログギフト

食べ物屋 セイリング

青森県西津軽郡深浦町

kaiwa_seiling-yukininnjinn
左から山本千鶴子さん(妻)、山本進さん(夫)

  • seiling-yukininnjinn_sum3
  • seiling-yukininnjinn_sum2
  • seiling-yukininnjinn_sum1

ふかうら雪人参
ビーフシチュー&ミネストローネ

二人と商品の思い出

「うちの自慢はふかうら雪人参だよ」って
自分たちの街に誇りをもてるように


ふかうら雪人参は秋に収穫しないで雪が積もってから収穫する。雪を掘り起こすから手間がかかるけど、とにかく美味いよな。
千鶴子色んな条件が重なった深浦町だからできた奇跡の人参なのよね。潮風のあたる深浦町は土にミネラルが多いし、弘前や青森より雪が少なくて土の中が0℃以下にならないから凍らない。甘味が強いんだよね。
うちのシチューには、ふかうら雪人参がたっぷり入ってるんだよな。肉より多い(笑)。店で「美味しかった」ってわざわざ言って貰えるのが嬉しいんだよ。
千鶴子なんとか商品にしたのも、3年前にお客さんからビーフシチューを持ち帰りたいっていう声があったからだしね。
いっぱいの人が来てくれて食べてくれるといいなぁ。それに尽きるよ。
千鶴子厳しい寒さの中で本当に大変な仕事ばかりだけど、自分たちがつくってる雪人参が、すごく喜んでもらえる商品になってくれれば、みんな誇らしげになると思うのよ。ふかうら雪人参に光があたることで、街の色んな人たちが元気になって「うちの自慢はふかうら雪人参だよ」って、自分たちの街に誇りをもてるような仕事をしていければ、深浦町全体が元気になるよね。
俺はこれからも、ははをフォローしていくかな。
千鶴子ちちに意見を言ってもらって、皆を巻き込んでいかねばね。



青森県西津軽郡深浦町の海岸沿いに佇む「食べ物屋セイリング」。雪の下から掘りおこして収穫する、甘みたっぷりの「ふかうら雪人参」をふんだんに使ったビーフシチューはお米にもパンにも合う。


card_seiling-yukininnjinn
カード表(クリック拡大)
card_seiling-yukininnjinn
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


豪雨の影響による配送遅延について
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス