贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > ダイトーアグリサービス

地元のカタログギフト

ダイトーアグリサービス

福島県須賀川市市野関

ura_kaiwa_sukagawmai
左から岡部幸樹さん(息子)、岡部實さん(父)

  • ura-sizuru_sukagawamai
  • ura-sub3_sukagawamai
  • ura-sub2_sukagawamai

農家の自信作 須賀川産自然米

二人と商品の思い出

「福島のお米を食べたい」
って言ってもらえるようにつくらなきゃね


  
うちは先祖代々ずっと続いてる米農家だけど、俺は21歳の時くらいに米とか野菜とかに携わり始めたかな。
幸樹うん。俺は仕事の傍らで稲刈り、田植えの手伝いをしている感じだね。
今一番こだわっているのは食味だね。震災後の放射能量に関するデータで安全は証明されてるんだから。風評被害に負けない食味を重視した、出来るだけの美味しいお米をつくんなきゃなんない。
幸樹やっぱり関東方面だと放射能を気にしてる人が多いのは事実だけど、体への安全が証明されているからね。他県の米ではなく、福島のお米を食べたいって言ってもらえるようにつくらなきゃね。これから、美味しいお米をつくって、個人への販売を中心にやっていきたいなとは思う。
福島の米が食べたい、うちのお米が食べたいって言ってもらえるようにな。あとは、個人販売を伸ばしていきたいってのはあるよね。だから食味計使ってるわけなんだから。人間だって美人な顔の人がいるのと同じだよね(笑)。お米だって美味しいお米がつくれるわけなんだから、出来るだけ美味しいお米をつくっていかなきゃなんない、っていうだけの話なんだよね。
幸樹ゆくゆく将来的には引き継ぎたいと思っているから、その味をしっかりと守っていこうと思う。
うちは食味計の値も高いのが自慢だし、今までの味を守ってもらえればそれだけで十分。それだけでいいな。



お米のおいしさを数値化した食味値の高いお米をつくる「ダイトーアグリサービス」。福島のお米が食べたいと言ってもらえるような食味を重視した美味しいお米をつくることを追求する。


card_format
カード表(クリック拡大)
card_format
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


ダイトーアグリサービス
0248-79-3601
豪雨の影響による配送遅延について
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス