贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 米蔵砂川屋

地元のカタログギフト

米蔵砂川屋

鳥取県鳥取市鹿野町

ura-kaiwa_sunagawake
左から砂川重雄さん(夫)、砂川幸子さん(妻)

  • shizuru_sunagawake
  • ura-sub1_sunagawake
  • ura-sub2_sunagawake

鹿野のさくら姫米

二人と商品の思い出

新しいことにはどんどんチャレンジ!
つくりたいのは日本一のお米


重雄うちは分かってるだけで10代目、はっきりとはしないけど農家はもっと長く続いてると思うよ。
幸子昔からずっと家族でやってきたのよね。忙しいときは本当に猫の手も借りたいくらい!でもお父さんはここ5、6年でネット販売を始めたり、造園師の資格も取得したり、いろんなことを始めたね。これ以上手を広げたら田んぼが回らなくなるよ(笑)。
重雄でも断りきれんのだから仕方ない(笑)。そうは言っても剪定した枝葉を発酵させて田んぼの肥料にしてるから一石二鳥。役に立ってるんだよ。
幸子そうね。肥料といえば20年くらい前から有機肥料にしたんだよね。化学肥料をやめてから味が良くなったんじゃない?
重雄うん、肥料にカニの殻を入れた影響だと思うんだ。鎌倉の観音食堂さんに卸しているけど、そこではおにぎりがすごく好評って聞いたよ。おにぎりだけを目当てに買い求める人もいるんだって。
幸子炊き上がったときの香りがすごくいいもんね。冷めてからでも美味しいから、お弁当でおにぎりを持っていくのが楽しみになったって言われたこともあるよ!ちょっとしたギフトに使ってくれる人もいるし、嬉しいよね。
重雄うん。自分がいいと思ったことはどんどんやっていって、もっと美味しいお米をつくりたい。目指すは日本一の味!そのためには新しいことにどんどんチャレンジしないとね。



山々で囲まれた自然豊かな鳥取県鹿野町で米づくりをする「米蔵砂川屋」。「美味しいお米はいい田んぼに育つ」をモットーに、米ぬかとカニ殻を含む有機肥料でつくられたお米は香り高く甘みが強い。


card_sunagawake-01
カード表(クリック拡大)
card_sunagawake-02
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス