贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 川東 寿司幸

地元のカタログギフト

川東 寿司幸

福島県須賀川市足原

ura-kaiwa_sushikou
左から吉田貴信さん(父)、吉田優仁さん(息子)

  • sizuru_sushikou
  • ura-sub1_sushikou
  • ura-sub2_sushikou

お寿司屋さんが作る麓山高原豚バラ角煮

二人と商品の思い出

須賀川に生まれた縁を大事に
期待に応えて活動していきたい!


 
優仁震災で、東日本大地震の揺れの被害が最大だったのは須賀川だったんだよね。
貴信うちのスタッフに畜産の農家の生まれのスタッフがいて、親御さんが被災して農場を一旦閉鎖したんだよね。なんとかもう一回養豚業を再開してほしいと思って、出来上がったのがこれなんだよね。
優仁角煮食べたけど、親父がそれなりに時間をかけて力注いでやってたから、それに見合った味になっていると思うな。
貴信お寿司のシャリとかお酢に合うように味付けして、お寿司屋さんでつくる独特の角煮に仕上がったっていうストーリーがあるね。
優仁この角煮もだけど、親父がつくった商品を基盤に地域に視点を置きつつ、フィールドを広げていきたいとは思う。初代、二代目と同じことをやっていたら時代の流れに埋もれちゃう業界でもあるからね。
貴信須賀川市民10万人を背負って、すごくいい須賀川にしてほしいな。寿司幸っていうのもすごく重要だけど、事業だけの枠にとらわれず、もっと包括的に地域づくりをしてほしいね。可能性は本当に広いから。
優仁次の世代の俺に期待してもらっていることは、すごく感じているから期待に応えたいっていうのもあるし、自分たちの時代は自分たちでつくっていくものなので、須賀川に生まれた縁を大事に地域の産業に着目しつつ力を持ちたいと思うよ。



大きなお寿司が有名な地元に愛され続けている「寿司幸」が独特の味に仕上げた旨味醤油の豚角煮。父・貴信の思いをしっかりと受け継いでいる息子・優仁の須賀川に対する想いはとてもアツい。


card_format
カード表(クリック拡大)
card_format
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


0248-79-3218
復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス