贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 出雲国大社食品

地元のカタログギフト

出雲国大社食品

島根県出雲市大社町

ura-kaiwa_syokuhin
左から山崎英樹さん(専務取締役)、川島勇人さん(営業)

  • ura-sub2_syokuhin
  • ura-sub1_syokuhin
  • ura-shizuru_shokuhin

神々の国からのおくりもの

二人と商品の思い出

島根の練り物を通して、食文化に貢献したい


川島島根では太いちくわのことを「のやき」って言うんですよね。
山崎そげ!だけん「あごのやき」はトビウオ(あご)の太いちくわのことだに。この辺りは日本酒造りも盛んだけん、それを活かして酒粕が入っとるに。
川島外で営業する時は、あごの旨みが一番よくわかってもらえるように、まずはぜひ生で食べてみてくださいって言ってます。県外のお客様だと大きさにびっくりされることもあるので、適当な大きさにして磯部揚げにするのもおすすめしてます。
山崎ごっつぉだね!それか魚焼きグリルであぶるのもアリだね。こんがりして出来立ての美味しさを味わってもらえるし。
川島そげですね!お客様との距離は営業が一番近いので、商品を通じてお客様と会社をつなげられるようになりたいです。専務が営業されているところを見ると、知識はすごく幅広いのに必要な情報がすっと出てくるので、今後はもっと知識を増やして見習いたいです。
山崎つくるところから売るところまで全部知ってると、つくり手、売り手それぞれの視点で考えられるけん。練り物を通して食文化に貢献できる会社にしたいな。まずはもっといろんな人に島根の練り物を食べてもらってさ。素材が活きる練り物をつくっていきたいよね。
川島私もうちの練り物をもっと知ってもらえるように頑張ります!
山崎川島のコミュニケーション能力 、期待してるよ!



出雲大社のお膝元で日本海の恵み、獲れたて新鮮な魚で練り製品を製造する「出雲国大社食品」。調味料や製法にもこだわりを持ち、素材が存分に活かされた伝統の練り物は噛むほど旨み広がる逸品。


card_shokuhin-01
カード表(クリック拡大)
card_shokuhin02-02
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス