贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 河内木綿たかはし

地元のカタログギフト

河内木綿たかはし

大坂府八尾市太田

kaiwa_kawatimomen
左から高橋恵津子さん(妻)、高橋康夫さん(夫)

  • kawatimomen_sum2
  • kawatimomen_sum3
  • kawatimomen_sum1

河内紋様木綿でつくる
日用品

二人と商品の思い出

河内大田の和装雑貨。
可愛さとエレガントさが同居した実用小物


康夫いきなり暗い話やけど、最近はほんまに呉服離れが進んでるなぁ。
恵津子まあそれで木綿で小物をつくろうってなったんやけどね。結構難しいよね?
康夫いやぁ、小さい頃から木綿つくりはしてたね。実家の裏が工場やって、当時は全部手作業やからそれの手伝いしてたで。昔はこの辺りは染物業すごかってんけどなぁ。
恵津子私が嫁いだころも十分盛んやったと思うけど。みんなでわいわい作業したのが懐かしいわぁ。作業場は夏は暑くて冬は寒くて、なんてきつい仕事や思ったけどね(笑)。
康夫大変な思いさせたなぁ。
恵津子実は結婚する前から木綿の仕事したいと思ってたからええんよ。むしろ怖かったのはミシン(笑)。
康夫木綿用のミシンは勢いほんますごいからな。そういえばミシン屋も減ってきたな。どうしても国外の安いのに押されるんやなぁ。
恵津子どんどん河内木綿つかったイベントとか、展覧会なんかして、また売って行きたいよね。
康夫そやなぁ、頑張りたいな。
恵津子私はお手伝い頑張ります(笑)。
康夫十分やってくれている。裁縫なんかすごい上手になった。
恵津子ここに来たばっかりの頃は何も出来ひんかったもんなぁ。色々と教えてもらってありがとうね。
康夫いやいや、こちらこそ。家事とか散歩付き合ってもらったり、感謝してるで。


木綿の本場、大阪河内にある「高橋商事株式会社」。半世紀以上前から蓄積されたノウハウでつくられる和装雑貨は、その手触りから最上品質であることがすぐにわかる。


card_kawatimomen
カード表(クリック拡大)
card_kawatimomen
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


豪雨の影響による配送遅延について
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス