贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 髙政

地元のカタログギフト

髙政

宮城県牡鹿郡女川町

ura_kaiwa_takamasa
左から 高橋正典(父)、高橋正樹(子)

  • ura_sizuru_takamasa
  • ura_sub1_takamasa
  • ura_sub2_takamasa

笹かまぼこ詰合せ

二人と商品の思い出

女川が誇るかまぼこメーカーとしておいしくて愛される商品を


正典現在うちの商品は直営店含め、県内外合わせて50箇所近くに置いていただいているね。
正樹そうだね。店舗での販売だけではなく、イベントにも積極的に出店するようにしているよね。昔からの繋がりはもちろん、震災後に知り合った方の繋がりから都内でのイベントが増えたなあ。
正典そうそう。なんて言ったっけか、「ももいろクローバーZ」とか「水曜どうでしょう」とかと一緒にやったりしていたよな。
正樹コラボしたね(笑)。あとは、都内でイベントに来てくれた方に向けて「女川にきてよ!」って積極的に伝えるようにしてる。実際に女川まで足を運んでくれた人がいて嬉しかった!おながわさいがいFMでやってたラジオ番組きっかけでリスナーさんが来てくださったこともあったよ。
正典俺はなかなかお客様の意見を直接聞く機会がないから、各店が出している週報には必ず全部目を通しているよ。お客様の目線を知ることは大切だよな。
正樹うちは自社で原料から最終商品までつくっていることが他のかまぼこ屋と違うところだよね。
正典そう、メーカーとして「ものづくり」を常に意識することが大切だな。
正樹かまぼこづくりだけでなく、原料のすり身についても1から学ばないといけないので大変なことが多いけど、おいしくて愛される商品をひたすらつくっていこうと思います!



宮城県女川町の「株式会社髙政」。買い付けから最終製品までを自社で行う。製造するかまぼこは希少価値の高い三陸沖産の吉次を贅沢に使用。すり身の品質は、全国メーカーから高い評価を受ける。


takamasa
カード表(クリック拡大)
takamasa
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります



復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス