ホーム > 旭の高山農園

地元のカタログギフト

旭の高山農園

愛知県豊田市太田町

kaiwa_takayama
左から高山知美さん(妻)、高山太郎さん(夫)

  • takayama_sum3
  • takayama_sum1
  • takayama_sum2

自然薯「夢とろろ」と
幻のお米「ミネアサヒ」

二人と商品の思い出

自然薯は日本のソウルフードなんだよ


太朗築200年のこの家に引っ越してきたのは6年前だね。それからおじいちゃんが始めた自然薯づくりを継いでる。
知美もう6年かぁ。自然薯って、昔は山で採ってくるものだったのよね。今でも天然物みたいに曲がってるのが好きっていう人がいる。
太朗うん。消化酵素が多いから胃腸にいいってことで昔は病人食だったみたい。おじいちゃんも病気が自然薯を食べてるうちに治ったんだって。僕は、二日酔いにならない気がするな。
知美「三日とろろ」とも言われてて、お正月のおせち三昧で疲れた胃にもいいって言うね。うちはお正月に限らず1年中食べてるけど(笑)。一番美味しいのは、すったものかなぁ。
太朗やっぱりそれだよね!自然薯は御餅みたいに弾力があるから、お玉ですくえる位にまで伸ばすのにちょっと時間がかかるけど。
知美うん。今回のセットだと全部で2、30分くらいかかるかな。でも、あつあつご飯にかけたときの美味しさったら!
太朗本当に美味い。
知美自然薯を食べる人はまだまだ高齢者が多いから、このギフトをきっかけにしてもっと若い人にも知ってもらいたい。
太朗そうだね。すこし大袈裟かもしれないけど、自然薯は日本のソウルフードなんだよ。縄文人も食べてたんだって。日本人のDNAに入ってるから食べたことがなくても懐かしい感じがするらしいよ(笑)!



愛知県有数の自然薯栽培の産地、旭地区の中でも最大の栽培量を誇る「高山農園」。担い手不足が深刻化する旭地区の未来を変えたいと、地区唯一の自然薯専業農家として日々奮闘している。


card_format
カード表(クリック拡大)
card_format
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


旭の高山農園
0565-68-2952