贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 関根けんこう農園

地元のカタログギフト

関根けんこう農園

福島県須賀川市大栗

takayoshi_omote-kaiwa
左から関根孝喜さん(義父)、関根晴美さん(嫁)

  • ura-sizuru_takayoshi
  • ura-sub2_takayoshi
  • ura-sub3_takayoshi

食べてほしいな。じいちゃんのイチジク

二人と商品の思い出

イチジクっちゃ体に良いんだな!


 
孝喜亡くなったばあちゃんがイチジクの木を買って植えてたんだけど、じいちゃんも木を買って増やしたんだよね。
晴美おばあちゃんはイチジク以外にも、いろいろな野菜を沢山作ってくれていましたね。
孝喜今は柿の木も、梅の木も、イチジクの木も育って、なんでもあるな。ばあちゃんは、そうやって色々植えてくれてた。
晴美おじいちゃんもそれを増やしたり、剪定をして大事にしてるから毎年沢山実がつきますね。
孝喜最初は自分で食べるくらいのイチジクしか採れなかったんだけど、最近になって収穫量も増えたから、今はみんなにおすそ分けして食べてもらってるもんな。
晴美そうですね。私はイチジクは甘く煮て食べたほうが好きです(笑)。赤ワインで煮ると上品な味になって美味しくて、友達にも喜ばれています。イチジクは便秘にならないって言うので、たくさんの人に食べてもらいたいですね。
孝喜イチジクっちゃ体に良いんだな!じいちゃんも毎日イチジク食って、便秘知らずだ。本当に(笑)。熟したものはそのままかじって食うのも好きだ。さっぱりしてて旨いな。
晴美煮て食べるときは、煮方や味付けの仕方をいろいろ楽しんでほしいですね。
孝喜イチジクが育つ場所は空気がうまいから、じいちゃんもこれから体壊さないで美味しいイチジクをつくっていかなきゃなんないな。



澄んだ空気で育てられた、歯ごたえのある大きなイチジクを育てる「関根イチジク園」。煮て食べると日持ちもよく、「イチジクを毎日食べるようになってから便秘にならなくなった」と語る孝喜。


card_format
カード表(クリック拡大)
card_format
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


関根イチジク園
090-3369-3106
豪雨の影響による配送遅延について
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス