贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > たにがみ農園

地元のカタログギフト

たにがみ農園

鳥取県鳥取市佐治町

kaiwa_tanigami-nouen
左から谷上正樹さん(父)、谷上雄亮さん(息子)

  • shizuru_tanigami-nouen
  • ura-sub1_tanigami-nouen
  • ura-sub2_tanigami-nouen

たにがみ農園直送「鳥取といえば梨!」ギフト

二人と商品の思い出

噛むほどにみずみずしい
ざぶって歯触りを味わってほしい


雄亮うちは昔っから急斜面で梨つくってるんだよね。
正樹機械が入れないからどうしても作業性は悪いけど、日当たりと水はけのことを考えたら斜面なんだよ。この辺りの雨量だったり寒暖差だったり気候のおかげで、他で採れる梨とはみずみずしさが違うよな。口の奥から果汁があふれてくる感じっていうか。
雄亮そう!噛んだときの歯触りが「ざぶっ」て感じ。でも、なんていうか食べてもらわないと分からないと思う(笑)。
正樹今は「新甘泉」っていう鳥取でしか栽培できない梨が出来たからぜひ食べてほしいけど、個人的にはやっぱり二十世紀梨を味わってもらいたいなぁ。甘さと酸味のバランスが良くて大人の味!
雄亮佐治の綺麗な水と空気に恵まれた環境と、有機肥料でつくってきた土壌が利いてると思う。園内の一部ではわさびが自生しているくらい環境の良さはお墨付きだよ。近年、梨生産技術が高まっているし、もっと梨農家仲間が増えたらいいな。
正樹俺が若いころは学校の授業の一環で二十世紀梨の袋掛けをやったりするくらい梨が身近だったんだよ。生産者も今とは比べ物にならない程いたんだ。
雄亮一緒に梨つくりをする人が増えると嬉しいな。
正樹雄亮は中学の卒業文集で年収5億の梨農家になる、なんて書いてたくらいなのになぁ。
雄亮そんなこともあったなぁ!懐かしい(笑)。



桑畑に15本の梨の木を植えたことから始まった「たにがみ農園」。日本一星空のきれいな町として知られる佐治町で空気や水に恵まれた環境の中、全て手作業で育てられた梨はみずみずしい味わい。


card_tanigami-nouen-01
カード表(クリック拡大)
card_tanigami-nouen-02
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


豪雨の影響による配送遅延について
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス