贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

地元のカタログギフト

十勝千年の森(有)ランラン・ファーム

北海道上川郡清水町

kaiwa_tmf
左から斉藤真さん(製造)、伏見亮太朗さん(広報)

  • tmf_sum1
  • tmf_sum2
  • tmf_sum3

十勝千年の森 
   チーズギフト

二人と商品の思い出

十勝の魅力が凝縮された、
乳酸菌からこだわるチーズ


斉藤なんかあれだよね、僕たちが取材受けるのって変な感じしない?
伏見まぁいいんじゃないんですか?僕はチーズを含めた十勝千年の森全体の営業・広報担当。斉藤さんは実際にチーズをつくってる人ということで。斉藤さんは、チーズがつくりたくてここに入社されたんですか?
斉藤いや、僕はチーズがつくりたかったというよりは、小さいときから動物関係の仕事をやりたかったんだよね。それで、そういう大学をでて仕事を探してたら、ここで家畜の飼育者を募集してたから入社したって感じかな。
伏見そうだったんですか。僕は、屋台で社長と偶然会ったのがきっかけなんですよ(笑)。十勝千年の森、斉藤さんのつくるチーズ、それから十勝をPRする人を探してたらしいです。
斉藤ここは十勝の魅力が凝縮された施設だからね。ここから十勝を発信できるといいよね。うちのチーズはあまり機械を使わないことと、ここの環境に合わせた乳酸菌を使ってることが自慢かな。仕入れた乳酸菌をそのまま使うと、安定したチーズは出来るけど、個性が出ないんだよね。乳酸菌も生乳も同じ条件は2度とないんだよ。
伏見同じチーズは、2度と出来ないんですか?すごいですね。
斉藤それと、このチーズをみじん切りにして、炊き立てご飯にかけると美味しいんだよね。ちょっと醤油をたらしたりなんかしてさ。
伏見うわぁ、美味しそうですね。今度試してみます!



十勝千年の森では、新鮮なミルクで毎日チーズを製造販売。モッツァレラチーズをつくり、その場でつくったチーズをピザにして食べる「チーズつくり体験」も大人気。カップルや友人、ファミリーにもお薦めです。


card_tmf
カード表(クリック拡大)
card_tmf
カード裏(クリック拡大)


商品の購入はこちら
お問い合わせこちらから

オリジナルカタログギフト

結婚式の引出物、我が子の出産内祝い・・・大切な人への贈り物だから、見た目も中身も私たちらしいカタログギフトにしたい。そんなあなたへ。

信州のカタログギフト|マイセレクション

信州全域でつくられている産品の中から自分で選んだ産品を贈れるカタログギフト。

贈ったあともうれしいサービス