贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 土佐武市農場

地元のカタログギフト

土佐武市農場

高知県南国市篠原

ura-kaiwa_tosa-takechi-farm
左から武市竜人さん(夫)、武市梨江さん(妻)

  • sizuru03_tosa-takechi-farm
  • ura-sub2_tosa-takechi-farm
  • ura-sub1_tosa-takechi-farm

武市のおんちゃんのこだわり米

二人と商品の思い出

生きちゅう米を食わなぁいかんぜよ


梨江出会ったのは高校やったね。その時から継ごうと思いよった?
竜人学生時代は教師になりたくて大学にも行かせてもらって勉強しよったし、すぐに継ごうとは思ってなかったかな。昔から手伝いはしよったき仕事の流れは分かっちょったけど。
梨江今は機械化が進んで、昔に比べると楽になって働きやすくなっちゅうね。跡を継ぎたくなるような農業になってきゆうのかな?
竜人そうやね。でも自分の子どもたちには将来夢破れたりしたら戻ってきてもいいか、くらいに思ってくれればいいかな。あんまり押し付けたくないきね。
梨江 継ぐかどうかは別にして、家で作ってるお米を美味しそうに喜んで食べてくれる所を見るのは嬉しいなぁ。もう少し大きくなったらうちの仕事のこだわりについても理解してくれたらいいね。
竜人土づくりとかね。堆肥のバランスも土の状態を見ながら決めゆうし、消毒もしない減農薬栽培にこだわっちゅう。だから、うちの田んぼにはミミズとか色んな生き物がおるがよね。それを目当てに鳥もたくさんやってくるしね。土が豊かな証拠やね。
梨江そういう農業のあれこれを記事にしたブログをやりゆうがよね。この土地の食文化や、素材をもっと知ってもらって、ゆくゆくは子どもたちにもきちんと伝えていけるといいね!



高知県南国市で、温暖な気候を利用してお米を減農薬栽培している農業法人「土佐武市農場」。収穫して販売されるまで、鮮度に気を配って玄米のまま保管された米はまさに「生きたままの米」。


card_tosa-takechi-farm-01
カード表(クリック拡大)
card_tosa-takechi-farm-02
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


土佐武市農場
088-863-0023
復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス