ホーム > うまもん

地元のカタログギフト

うまもん

山口県岩国市岩国

ura-kaiwa_umamon_honokana
左から中野律子さん(妻)、中野敏さん(夫)

  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • ura_sub2_umamon_honokana
  • ura-sub1_umamon_honokana

うまもん  本格漬物詰合せ

二人と商品の思い出

自然発酵の旨みたっぷり
伝統の手仕込み漬物


うちは元々醤油屋だったんだけど、親父の代で漬物メーカーに転身したんだよ。自社ブランドを持ってるメーカーってやっぱり強いからさ。
律子お義母さんのつくったお漬物から、やってみようかって話になったんだよね。お漬物のベースはお義父さんの方のおばあちゃんの味って聞いてるよ。
そう、だから「うまもん」は昔ながらの家庭の味なんだ。しかも錦川の伏流水を使って、たくさんの乳酸菌や酵母でじっくり発酵してるから旨みもしっかり感じられるよね。
律子私の一押しは甘酢白たくあんなんだけど、無添加でここまでの味が出るのは、やっぱり自然発酵の力なんだと思う!うちのお漬物は、使ってる素材が少ないのが特徴だからそれぞれの風味を楽しんでもらえると思うよ。
美味しさの秘密はそれだけじゃなくて、うちの漬物に使う白菜は全部三度漬け、キムチは更にもう一回つけ込んで熟成させてるんだ。そのおかげか、定番の甘酢漬けとキムチはお客さんに人気のある商品だね。
律子うん。しかも料理にも使いやすくて、ほかの調味料はほとんど使わなくてもおかずが美味しく出来上がるんだよ。うちの子は納豆キムチをよく食べるよね。ぜひ、ご家庭でいろんな食べ方を試してほしいな。
今は和食離れって聞くから、うちの商品をきっかけに漬物っていう伝統食品のことを考えてもらえるようになると良いね。



漬物の老舗「うまもん」のモットーは「消費者が指名買いする漬物づくり」。江戸時代末期の醤油蔵から受け継がれた酵母による三度漬けが特徴の漬物は、素材の味に自然発酵の旨みが加わった逸品。


card_umamon-01
カード表(クリック拡大)
card_umamon-03
カード裏(クリック拡大)



ハーブが香る漬物 「ほの香菜」

二人と商品の思い出

日本酒やワインにも合う
ハーブでつくったお漬物


律子この「ほの香菜」は、ハーブに詳しい知り合いの方からアイデアをいただいて、チャレンジしてみようかってことになったんだよね。
漬物をハーブでつくるなんてこと、今まではなかったから「なんでそんなことするの」ってお年寄りの方とかによく言われたなぁ。でも、やってみたら香りも味も色も良い具合につくれたよね。
律子ご飯のお供っていうよりは、ピザにのってそうな感じ!チーズやお酒にも合いそうだよね。乾燥ハーブを使ってるから、ちょっと和風のピクルスって感じかも。
日本酒やワインなんかの美味しいお酒のおつまみにして食べてみてほしいな。今じゃ漬物ってめっきり食べる機会が減っちゃったけど、この「ほの香菜」をきっかけにして、今まであんまり漬物を食べなかった人や若い人が漬物の美味しさに目覚めてくれたら嬉しいなぁ。漬物は菌が命だから、発酵の邪魔をしないように地下水を使ったり、何度も仕込んで熟成させたりして味には自信があるよ。
律子漬物は日本の伝統的な食文化だもんね。この漬物文化と岩国のことを少しでも知ってもらえたらって始めた寺子屋と一緒に、もっと全国の人に発信していかないと!
そうだね。たくさんの人に漬物や岩国の良さを肌で感じてもらいたいな。うちではぬか床づくり体験もやってるから、ぜひ蔵に遊びに来てほしい。錦帯橋にも来てもらいたいね。



漬物の老舗「うまもん」のモットーは「消費者が指名買いする漬物づくり」。江戸時代末期の醤油蔵から受け継がれた酵母による三度漬けが特徴の漬物は、素材の味に自然発酵の旨みが加わった逸品。


card_umamon_honokana_ol-01
カード表(クリック拡大)
card_umamon_honokana-02
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります