贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 臼井一文字農園

地元のカタログギフト

臼井一文字農園

長野県塩尻市広丘郷原

usuiichimonjifarm_kaiwa
左から臼井昇さん(夫)、臼井喜子さん(妻)

  • usuiichimonjifarm_sum01
  • usuiichimonjifarm_sum02
  • usuiichimonjifarm_sum03

うすいさん家のこい~ジュース

二人と商品の思い出

ぶどうだけで作るから
誰でも安心しておいしく飲めるんだよね


喜子ぶどう作りは私たちで四代目だっけ。ひいおじいちゃんの時からだから。はじめは松の林を耕したところから始まって。
ここら辺では一番古いよな。
喜子そうだね。父が植えたコンコードは30年経つけど、今もとてもいいぶどうをつけてくれる。ナイアガラも同じくらいかな。
今回のジュースにもその木からとれたぶどうを使ってる。でも、最初からジュースを作る予定じゃなかったんだよな。
喜子困った時に生まれたんだよね。ある年、ワイン用に出荷する予定だったぶどうが残っていて、じゃあジュースを作ればいいじゃないって。
ネーミングは友だちと考えたよな。臼井(薄い)さん家のこいジュース。
喜子そうそう。ラベルも凝っていて、姉にお願いしてデザインしてもらったんだよね。
うちのぶどうは糖度が高いから砂糖を入れなくても作れることがわかった。
喜子だから、誰でも安心しておいしく飲めるんだよね。
ぶどうのでき方によって毎年出来上がり方が違うんだよな。ワインみたいに。
喜子生食で出荷できるものをジュースにしているので、たくさんは作れないんだよね。
特にナイアガラでジュースを作ってるところは少ないから貴重なんだよな。
喜子でも、色々なつながりで全国の人に飲んでもらって、『おいしい』といってもらえるのが一番嬉しいよね。



主にワイン醸造用のぶどうを生産、市内ワイナリーへの出荷を行っている「臼井一文字農園」。赤ワイン用のコンコードと白ワイン用のナイアガラを使った100%ジュースは、ワインの産地・塩尻ならでは。


臼井一文字農園 表
カード表(クリック拡大)
臼井一文字農園 裏
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります



オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス