贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 株式会社和田商店

地元のカタログギフト

株式会社和田商店

宮城県牡鹿郡女川町

和田商店
左から、小田島隼人(従業員)、和田俊一郎(社長)

  • wadashoten_sum1
  • wadashoten_sum2
  • wadashoten_sum3


三陸銀鮭寒風干し・漬魚詰合せ

二人と商品の思い出

うちの商品をきっかけに
女川の銀鮭をもっと知ってもらいたい


和田うちが銀鮭の加工を始めてから、約40年になるかな。女川で銀鮭の養殖がスタートしたのと同時期に始めたからね。
小田島今では、1日2万切れもの銀鮭を加工しています。
和田この銀鮭は、女川の人たちが何十年もかけて研究を重ねてきたものなんだよ。エサを工夫して、いわゆる養殖臭というものを取り除くために大変な努力をしてきたんだ。
小田島美味しいですもんね。うちの商品をきっかけに、女川の銀鮭をもっと沢山の方に知ってもらいたいですね。
和田養殖をしてくれる方達とは二人三脚でやってきたからね。安全で美味しい商品を目指して、これからもやっていこう。全国の皆さんには和田商店の魚を見かけたら、ぜひ手に取ってほしいね。
小田島そうですね。僕は今の仕事をはじめて4年目になりますが、やはり水産加工については覚えることが多くて大変です。その分やりがいはありますけど。
和田私は加工品については口出ししないようにしてるよ。経験上、頭はひとつに統一しておいた方がいいと思ってね。でも、私も水産やってる家で生まれて、他の町でも加工の仕事をしてきたから、色々アドバイスは出来るよ。
小田島本当ですか!? じゃあ今度から、遠慮なく相談させてもらいますね(笑)。そのためにも元気に長生きしてくださいよ。
和田小田島くんも、誰にも負けない加工のプロになってくださいね。



明治から続く老舗の水産加工会社「和田商店」。海鮮問屋から始まり、昭和25年頃から加工業を行っている。塩と鮭のみを使用した銀鮭寒風干しは、 自然食品でもある事から宮城県の推奨食品に指定されている。


wadashoten_front
カード表(クリック拡大)
wadashoten_back
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス