>  > みんなやっている? 引き出物の贈り分け

みんなやっている? 引き出物の贈り分け

引き出物を選びながら、「この人にはこれを贈りたいけど、あの人には合わないかなあ・・・」と悩んでいる人はいませんか?そんな悩みを解消できるのが、ゲストによって引き出物の種類を変える「贈り分け」です。どれくらいの人が、どのようにギフトの贈り分けをしているのか調べました。


ほとんどの人が贈り分けをしている!

ある調べでは、結婚式を挙げたカップルの8割以上が贈り分けをしているという結果が出ています。贈り分けのパターンなどは以下のようになっています。

【分け方は2、3パターン】
だいたい2〜3種類の贈り分けをしているカップルが多いようです。どのように贈り分けを行うかについては、以下のようなパターンが挙げられます。

・親族や会社の上司、友人などの間柄によって
→親族は今後末長く付き合っていくので、ワンランク上のものを選ぶことが多いです。また日頃の感謝を伝えたり、式当日にスピーチをお願いしたりすることから、会社の上司への引き出物もちょっと良いものにする傾向があります。

・性別や年齢によって
→男性に贈るか、女性に贈るかによって、プレゼントの内容は変わりますよね。新郎新婦と同年代のゲストへの引き出物か、目上の方に贈るかによっても贈り分けをする場合が多いようです。

・新郎の招待客か、新婦の招待客かによって
→決めなくてはいけないことが山ほどある結婚式。引き出物の内容で、カップルの意見が分かれることもありますよね。新郎と新婦のゲストでそれぞれ引き出物を贈り分ければ、結婚式前にギクシャクする・・・なんてことも避けられますよ!


贈り分けで気をつけたいこと

実際に贈り分けをする時は、贈るもの以外にもゲストによって次のものを分けることができます。

【予算】
親族や上司、友人などの間柄によって、2000〜5000円程度の予算の違いがあるようです。傾向としては、親族に送る引き出物の予算が一番高く、

【点数】
目上の人や親類には縁起物を増やすなど、引き出物の品数を変えることもあります。

【贈り分けが目立たないように工夫を】
となりで引き出物を受け取った人と自分の引き出物が明らかに違うと、だれでもちょっとは気になってしまいますよね。同じ紙袋を使うなど、ゲストに対して贈り分けがわからないような工夫をすると良いでしょう。

結婚式に参加してくれた人ひとりひとりへの感謝の気持ちを、より丁寧に伝えるのが贈り分けをする理由のひとつでしょう。せっかくなら、受け取った人が喜んでもらえるような選び方と配慮を心がけたいですね。

引き出物

引き出物のあれこれ

  • みんなやっている? 引き出物の贈り分け

  • 引き出物のカタログギフト 相場はどれくらい?

  • 引き出物の持ち込み料が心配な人は、宅配ギフトサービスを使おう

  • 新郎新婦がギフトをもらえる?! 引き出物の海外事情

  • 商品点数が多すぎると選べない? 引き出物のカタログギフト

  • いくつ準備するのが正解? 結婚式の引き出物の数

  • なんで必要なの? 引き出物に入れる縁起物

  • 引き出物で宅配サービスを使うときの注意点!

  • 引き出物のカタログギフト商品 得をしたければコレを選ぼう! 

  • 引き出物で○○を贈りたければ宅配サービスを使おう!

  • こんな挙式には、引き出物の宅配が便利!

  • 引き出物を贈る時、水引はどうすればいい?

  • 引き出物に欠かせない「熨斗」。昔はアワビを使っていた?!

  • 寄付もできる?!引き出物・カタログギフトのユニーク商品

  • 引き出物宅配システム 人気の秘密は?

  • 昔は〇〇を贈っていた?!引き出物の意外な起源

トップへ