>  > こんな挙式には、引き出物の宅配が便利!

こんな挙式には、引き出物の宅配が便利!

結婚式を挙げると決めてから、まず考えるのはどこでどんな風に式をするか。
最近では結婚式専用の会場だけでなくリゾートウェディングや海外挙式など、日常から離れた空間で披露宴をするカップルも増えています。


こんな披露宴がしたいなら、引き出物の渡し方に注意!

最近ではバラエティに富んだ披露宴のスタイルがあります。
次のような式を挙げるときは、うっかりするとゲストに引き出物を渡しそびれてしまうかもしれません。

【リゾートウェディング】
高原や海辺で行うリゾートウェディング。自然に囲まれて、
会場が都心から離れているからこそ非日常感がありますが、その分移動距離がちょっと気になります。特に引き出物は、遠くから来てくれるゲストの荷物になってしまうのでどうしようか頭を悩ませてしまうところ。式の後日、招待客の家に直接引き出物が届くようにすれば、ゲストが大きな紙袋を抱えて移動する苦労もなくなります。

【海外挙式】
憧れの海外ウェディング。会場はハワイやグアムなど海のあるリゾート地が人気のようです。
海外挙式は新郎新婦と親族だけで行い、国内で改めて友人やお世話になった人たちを招いて披露宴を挙げるというパターンもあるようですが、せっかくならゲストを招いて賑やかに楽しみたいですよね。そのためには事前にスケジュールを伝え、招待客には数日予定を空けてもらう必要があります。2、3日の日程だとしても、海外へ行くなら結構な荷物量になるもの。さらに引き出物を現地で渡したら、どこかで無くしてしまったり、スーツケースに入らなかったり・・・なんてことが予想されます。帰国後に各ゲストに引き出物を宅配するのがいいですね。

【レストラン・カフェウェディング】
披露宴会場としても使えるレストランやカフェが増えてきています。披露宴というと料理を残してしまうイメージもありますが、レストランなら料理のクオリティも期待でき、ゲストもリラックスして過ごすことができます。ふたりにとってお気に入り、あるいは思い出のお店で式を挙げるという新郎新婦もいるようです。レストランの規模にもよりますが、専用会場でないので引き出物を置いておく場所が十分ではない場合もあり、お見送りの時に引き出物を渡すのにもたついてしまうこともあるみたいです。

【ゲストハウスウェディング】
一戸建ての邸宅を貸し切って会場にするゲストハウスウェディングも、最近選ばれているスタイルです。
新郎新婦もゲストもゆったりした雰囲気でワイワイ楽しめるのが人気の理由のようです。専用の式場のようにかっちりとした式次第がないので、どのタイミングで式をお開きにして、引き出物を渡すかがちょっと難しいところ。後日引き出物を宅配するように手配すれば、当日も心配せずにすみますね。

【ガーデンウェディング】
屋外の広い庭で行うウェディングは、緑の中で行う開放感と欧米の結婚パーティーのような雰囲気が特徴的な挙式スタイル。
ただ会場が屋外なので、引き出物の置き場所が確保できない場合があります。当日引き出物が届いても置いておく場所がない!とパニックにならないためにも、宅配サービスで事前に準備しておけば安心です。

披露宴は、カップルの門出を多くの人に知ってもらい、祝福してもらう場です。
ゲストへの感謝の気持ちを表す引き出物は、相手の手にきちんと届くよう準備したいですね。

引き出物

引き出物のあれこれ

  • みんなやっている? 引き出物の贈り分け

  • 引き出物のカタログギフト 相場はどれくらい?

  • 引き出物の持ち込み料が心配な人は、宅配ギフトサービスを使おう

  • 新郎新婦がギフトをもらえる?! 引き出物の海外事情

  • 商品点数が多すぎると選べない? 引き出物のカタログギフト

  • いくつ準備するのが正解? 結婚式の引き出物の数

  • なんで必要なの? 引き出物に入れる縁起物

  • 引き出物で宅配サービスを使うときの注意点!

  • 引き出物のカタログギフト商品 得をしたければコレを選ぼう! 

  • 引き出物で○○を贈りたければ宅配サービスを使おう!

  • こんな挙式には、引き出物の宅配が便利!

  • 引き出物を贈る時、水引はどうすればいい?

  • 引き出物に欠かせない「熨斗」。昔はアワビを使っていた?!

  • 寄付もできる?!引き出物・カタログギフトのユニーク商品

  • 引き出物宅配システム 人気の秘密は?

  • 昔は〇〇を贈っていた?!引き出物の意外な起源

トップへ