>  > 昔は〇〇を贈っていた?!引き出物の意外な起源

昔は〇〇を贈っていた?!引き出物の意外な起源

「どんな結婚式を挙げたいか」えんえんと考えていられるくらい、ワクワクするテーマですよね。でも実際挙式をするとなると、決めなきゃいけないこと・やらなきゃいけないことがたくさんあります。
・日取り決め
・予算決定
・人数確定
・会場探し
・料理内容決め
・ドレス・アクセサリー選び
・招待客リストづくり
・スピーチ・受付係依頼
・招待状づくり
・・・
ざっとあげるだけでもこれだけあります!それぞれを細かく分けると、もっともっとたくさんあります!そして、意外と厄介なのが引き出物。ゲストによって何種類も用意したり、オリジナルの品を注文したり・・・。どれくらい費用をかけるかも悩むところ。そもそも、引き出物って何なのでしょうか?


引き出物の起源

諸説あるようですが、引き出物の起源は平安時代までさかのぼるそうです。
【平安時代の引き出物】
当時宴会を開いた貴族が、招いた客へのお土産として馬(!)を用意し、庭先に「引き出し」たことに由来するんだとか。さすが平安時代、さすが貴族。現代だと、贈る方はもちろん、貰って帰る方もだいぶ大変ですね。
【その後の引き出物】
貨幣が引き出物として用いられていた時代もあるようですが、ひと昔前は披露宴の料理の一部を包んでお土産にしていました。その後徐々に、ゲストへのお礼としてギフトを贈るというスタイルが定着していきました。
【現在の引き出物】
最近では、新郎新婦が自由に引き出物を選ぶのが主流。毎日使える食器や雑貨は定番ですが、色々な品物の中からゲストが好きなものを選べ、荷物にもならないカタログギフトも今人気の引出物のひとつです。

引き出物を贈る意味は?

引き出物を贈る意味は、本来どのようなものだったんでしょうか。
【もともとの意味】
引き出物は、もともとは祝宴の参列者へのお土産として渡されていたようです。なので訪れた人みんなに同じものを用意するのが主流でした。
【現在の意味】
最近では、引き出物は結婚式に足を運んでくれてた人へお礼の気持ちを伝える手段と、いう意味が強くなってきています。参加者の性別や年齢、個性に合わせてギフトを変える「贈り分け」をするカップルも多いようです。より心を込めて、相手が喜んでもらえるものを渡す人が増えてきているようです。

思いを込めて贈ったものが、結婚式の後もふたりのことを思い出すきっかけになったら嬉しいですよね。現代ならばわざわざ馬を用意せずとも、結婚式に来てくれた人への感謝の気持ちを伝える引き出物はたくさんあります。
引き出物の本来の意味をふまえて、受け取る人の笑顔を思い浮かべれば、引き出物選びも楽しい時間になりますよ!

引き出物

引き出物のあれこれ

  • みんなやっている? 引き出物の贈り分け

  • 引き出物のカタログギフト 相場はどれくらい?

  • 引き出物の持ち込み料が心配な人は、宅配ギフトサービスを使おう

  • 新郎新婦がギフトをもらえる?! 引き出物の海外事情

  • 商品点数が多すぎると選べない? 引き出物のカタログギフト

  • いくつ準備するのが正解? 結婚式の引き出物の数

  • なんで必要なの? 引き出物に入れる縁起物

  • 引き出物で宅配サービスを使うときの注意点!

  • 引き出物のカタログギフト商品 得をしたければコレを選ぼう! 

  • 引き出物で○○を贈りたければ宅配サービスを使おう!

  • こんな挙式には、引き出物の宅配が便利!

  • 引き出物を贈る時、水引はどうすればいい?

  • 引き出物に欠かせない「熨斗」。昔はアワビを使っていた?!

  • 寄付もできる?!引き出物・カタログギフトのユニーク商品

  • 引き出物宅配システム 人気の秘密は?

  • 昔は〇〇を贈っていた?!引き出物の意外な起源

トップへ