>  > 引き出物を贈る時、水引はどうすればいい?

引き出物を贈る時、水引はどうすればいい?

結婚式の引き出物を贈る時、のしと並んでどうすればいいか迷うのが水引。紐の色や数、結び方も色々とあり、何が正解なのかわかりませんよね。ここでは水引の所以と、婚礼での水引のかけ方をご紹介します。


水引の語源とその起源

【水引の語源】
そもそも水引って、何からできているかご存知ですか? 水引は紙を細く巻き紐状にしたものを糊で固めてできています。糊「水」を「引」いて、乾かし固めるから「水引」と呼ぶという説と、色をつけた「水」に紙を浸し、「引」きながら染めたので「水引」という名がついたという二つの説があるようです。

【水引の起源】
水引がいつから使われていたのか、についても諸説があるようです。最も古いものだと、飛鳥時代に遣隋使によってもたらされたみつぎものに紅白の麻紐が結ばれており、これに倣って宮廷への献上品には紅白の麻紐を結ぶようになり、やがて麻の代わりに紙で作った水引を巻くようになったといわれています。他にも室町時代、明からの日本への輸入品には目印として紅白の紐がつけてあったが、日本がこれを贈答に用いる習慣だと勘違いしたという説もあります。どうやら水引の起源は、現在の中国と関係があるみたいですね。


引き出物を贈る時の水引の結び方

【紐の色と本数】
婚礼をはじめとする慶事には、紅白・金銀・赤金の3パターンの色を使うのが一般的です。黒や黄色などは弔事の時に使う色なので、注意しましょう。水引の本数は10本1組のものを使います。結婚に関しては、別離を予想させることから割り切れる偶数を避ける傾向がありますが、この場合は「5本2束」と捉えている説や、10本を新郎新婦の二人が「じゅうぶん(十分)満ち足りている」、夫婦が互いの手と手を取り合っている様子にたとえている、など諸説あります。

【結び方】
「水引」には、複数の結び方がありますが、引き出物では水引の端が上部に禿げ上がった「結び切り」という種類を使います。結び切りは一度結ぶとほどけないことから、婚礼や弔事など、「2度あってほしくないこと」で使われる結び方です。よく見る蝶々結びは、出産など「何度あっても嬉しいこと」に関係するときに使います。一般的に結婚は一生に一度でいいという人が多いはず。うっかり蝶々結びをしないように気をつけましょう。

普段何気なくみている水引にも、面白い起源や様々なルールがあります。結婚式の準備期間は何かと忙しいですが、自分が暮らしている国や地域の風習・文化を知る機会だと思うと、楽しめるのではないでしょうか?!

引き出物

引き出物のあれこれ

  • みんなやっている? 引き出物の贈り分け

  • 引き出物のカタログギフト 相場はどれくらい?

  • 引き出物の持ち込み料が心配な人は、宅配ギフトサービスを使おう

  • 新郎新婦がギフトをもらえる?! 引き出物の海外事情

  • 商品点数が多すぎると選べない? 引き出物のカタログギフト

  • いくつ準備するのが正解? 結婚式の引き出物の数

  • なんで必要なの? 引き出物に入れる縁起物

  • 引き出物で宅配サービスを使うときの注意点!

  • 引き出物のカタログギフト商品 得をしたければコレを選ぼう! 

  • 引き出物で○○を贈りたければ宅配サービスを使おう!

  • こんな挙式には、引き出物の宅配が便利!

  • 引き出物を贈る時、水引はどうすればいい?

  • 引き出物に欠かせない「熨斗」。昔はアワビを使っていた?!

  • 寄付もできる?!引き出物・カタログギフトのユニーク商品

  • 引き出物宅配システム 人気の秘密は?

  • 昔は〇〇を贈っていた?!引き出物の意外な起源

トップへ