贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 山庄水産

地元のカタログギフト

山庄水産

三重県度会郡南伊勢町田曽浦

ura_kaiwa_yamasho
左から百合本能隆さん(漁協職員)、山本義博さん(代表)

  • sizuru_yamasho
  • ura_sub_yuamasho
  • ura_sub2_yamasho

五ヶ所湾 あおさ

二人と商品の思い出

あおさは寒の時期に採れた
黒っぽいものが味も香りも一番なんだ


百合本あおさって三重県ではとても身近な海藻ですよね。朝の味噌汁の具になったり。
山本そうだね。うちの商品も地元の人が毎日の食事のために買っていかれるのが一番多いと思うよ。あとは里帰りから戻っていく人にお土産として持たせたり。
百合本あおさは山庄水産としても昔からお馴染みの商品だったんですか?
山本近くの市場に揚がったものは全般扱ってたんだけど、あおさを商品として売り出したのは俺が会社に入ってからだよ。今は県全体で地産地消に取り組んでいるから、季節によって取扱う商品は多少変わるけど地物商品の種類はかなり増えたよ。
百合本季節といえば、あおさにも旬があるんですよね。
山本そうそう、あおさは2、3月の寒の時期に採れた黒っぽいものが味も香りも一番なんだ。保管する温度が高いと香りが落ちてしまうから、うちの商品は冷蔵保存をお願いしてるよ。
百合本お客様には出来るだけ良い状態で美味しく味わってもらいたいですからね!
山本うちのひじきが一番美味しいってお客様に言われたときは嬉しかったなぁ。うちの商品がお客様に喜んでもらえるのは励みになるからね!昔からこの地域は鰹がよく獲れて、塩辛にする食文化があるんだけど今はつくる所も少なくなっているから、これからはそれを商品化して全国の食卓にお届けするのが目標!



大正10年創業の老舗魚問屋「山庄水産」。県推奨ブランド「地物一番」にも認定される地元産の海の幸を取扱う。出品商品であるあおさは伊勢志摩の旅館では朝食のお味噌汁の具として定番の緑藻。


card_yamasho_2校-omote
カード表(クリック拡大)
card_yamasho_ura
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス