贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 由良オリーブを育てる会

地元のカタログギフト

由良オリーブを育てる会

京都府宮津市由良

kaiwa_yura-olive
左から山下剛敏さん、松本紘之さん(地域おこし協力隊)、藤本徳雄さん(会長)

  • sum1_yura-olive
  • sum2_yura-olive
  • sizuru_yura_olive

由良オリーブギフトセット

三人と商品の思い出

由良で働くでかい魅力 
みんなオリーブに夢をもっとる


藤本オリーブ栽培は市長に勧められたが、既に柿も栽培していたしなかなか思い切れなんだ。でも今では800本の木に地域おこし協力隊の2人を合わせて18人体制になったな。
山下地域おこしの為の取り組みはいくつかあって、松本さんが協力隊の一期生ですよね。
藤本途中からオリーブを希望してくれたもんな。
松本自分にあった仕事を見つけてほしいっていうのが市の方針だったので、絶対オリーブをやらせてくれって言ったんですよ(笑)。
山下地元の由良で働けるのはでかい魅力です。市街地に出て行く通勤は少ないし何かあれば自転車で対応に行けるし、地元のイベントにも関われる。
松本そうそう。会長とはご近所さんであり、飲みにも行きますもんね。肥料撒きの時、「一回教えれば分かるよな、二回目聞くなよ」みたいな感じだったので、初めはめっちゃ怖い人やと思ってましたけど。
藤本ほんまか(笑)。今年のオリーブ祭りは大盛況で新漬けとお米を炊いたオリーブご飯はごっつい好評やったな。
松本新漬け一つつくる時も日付や濃度を変えて試しています。失敗もあるけど次に生かせると思うし、試行錯誤している時が楽しいですね。もっとこうしたらええなって思うこともあるし、それをブレンドさせて、宮津がオリーブ関係の物で発展できるようにがんばります!
藤本皆の話聞いとるとオリーブに夢もっとるのが分かる。全面的に期待しとるしな!



宮津市由良地区でオリーブを栽培しお茶・新漬け・オイルを作る由良オリーブ園。手摘みしたオリーブを24時間以内に加工し、新鮮でポリフェノール含有量が多いオリーブ製品を製造している。


card_yura-olive-01
カード表(クリック拡大)
card_yura-olive-02
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


由良オリーブを育てる会
info@denenshinshi.com
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス