贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 友栄水産

地元のカタログギフト

友栄水産

三重県度会郡南伊勢町

ura_kaiwa_yuuei
左から橋本かおりさん(妻)、橋本純さん(夫)

  • sizuru_yuei
  • ura_sub2_yuei01
  • ura_sub1_yuuei

人が食すために育て上げた真鯛セット

二人と商品の思い出

家族みんなで食卓を囲んで
丸ごと一匹食べてほしい


かおり純は若いころ世界中を旅したことがあるんだよね!何がきっかけだったの?
元々は親父が海外を意識していたんだよね。弟も俺より先に留学に行ってて。俺は大学時代にイギリスに留学してそのまま世界中を旅して歩いた結果、一番ここが居心地のいい田舎だなって思ったよ。
かおりそれで戻ってきて漁師になったんだ。橋本家はおじいちゃん、お義父さん、どっちも漁師さんだもんね。
そう。親父が養殖業を始めたて鯛を育てるようになったんだよ。うちの鯛は普段スーパーに出回ってるものより、ひと回りくらい小さいかな。コンロでも焼けるし、5合炊きの炊飯器なら丸ごとの鯛めしが楽しめるにしてる。
かおり見栄えがすることよりも人が食べることを一番に考えてるから、食卓の真ん中で家族に囲んでもらえるような大きさなんだよね。
うん。丸ごと一匹食べてもらいたいから、ぜひ煮つけや鯛めしにしてもらえると嬉しいな!季節に左右されず、年間通して安心安全に食べてもらえるのが売りだよ。それに、うちでは漁師体験をやってたり、鯛を育てているところを見たり鯛の塩釜焼をつくったりできるから、ぜひ一度阿曽浦に来てほしいな。
かおり世界中の人たちに日本の漁村を愛してもらえるように、各地の漁村の仲間たちと漁村を盛り上げていけるといいね。



南伊勢町の漁師村、阿曽浦で活魚問屋を営む「友栄水産」。水揚げされたばかりの魚介類はまさに新鮮。海に近いという地理的利点を活かし、漁師体験など親子で楽しめる活動をすることもできる。


card_yuuei-01
カード表(クリック拡大)
card_yuuei-02
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス