贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 児玉アスパラ農園

児玉アスパラ農園

長野県上田市武石(旧武石村)

つくり手・商品情報

ずくっ娘味噌
左から児玉けさみさん(母)、光史さん(子)

ずくっ娘味噌

やっぱ味噌汁はこの味だな


光史今は生活改善グループのみんなでつくっているけど、昔は家で味噌仕入れやってたよね。
けさみアスパラが忙しくなる前の4月頃ね。前日からほとばした大豆を釜で煮て、潰して、団子状にしてね。
光史やってたやってた。家の廊下や座敷に味噌団子が置いてあって歩きにくかったの覚えてるわ。
けさみここらは自宅で味噌をつくるうちが多かったけど、重労働だから止めちゃう家も多くてね。でもみんなで「味噌って大事だよね「地元の大豆や米で味噌作りしたいよね」って話して、じゃあみんなでつくろうかってなったの。
光史そうなんだ。今のグループの味噌と、うちで作ってた味噌で味は変わったの?
けさみうちでつくった味噌の方がちょっと塩分が多いんだよね。グループの味噌はみんなで相談しながら作り上げていったの。
光史そうなんだ。同じ味かと思ってた。そう言えば、東京で暮らすようになった当初は、実家に帰って来て食べる味噌汁は、しょっぱく感じたけど、「やっぱ味噌汁はこの味だな」って思ったのは覚えている。
けさみみつが東京で味噌を売ってくれるおかげで、グループのみんなも、この味噌が全国でも通用するんだって喜んでるの。
光史「この味噌でここまで育ちました」って言って売ったりしてる。早いうちに、この味噌のつくり方を教えてもらわないと。



この味噌は地元の母ちゃんたちが、地元のお米と大豆で手間ひまかけてつくった味噌。「うちの息子もこの味噌の味噌汁だけは最後まで飲む」と評判。この味噌で漬けたきゅうりの漬け物は絶品!


ずくっ娘味噌

  • ずくっ娘味噌
  • ずくっ娘味噌
  • ずくっ娘味噌

つくり手・商品情報

社名 児玉アスパラ農園
住所 長野県上田市武石(旧武石村)
代表者名 児玉 光史
URL
電話番号
メール
出品商品 商品名 ずくっ娘味噌
商品内容 900g×2パック
お届け時期 通年
お届け地域 全国
受取日確認 必要なし
お届け温度帯 常温
賞味期限

無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス