贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > りんごやSUDA

りんごやSUDA

長野県南佐久郡佐久穂町

つくり手・商品情報

標高900mで実った完熟りんご

標高900mで実った完熟りんご

りんごは年に1度だけずら 「これだ!」ってもんは簡単にできないわな


治男神奈川でソムリエやってたとき、シェフたちにうちのりんごを配るとすごく評判が良くて、「是非これを使いたい」っていうオファーが何度もあったよね。
浩吉そう言われるたびに、うれしかったなぁ。
治男30年以上前から減農薬で有機肥料を使った土づくりして、エコファーマーに認定されて。そういうのを引き継げたらいいなと思ってさ。まぁ、子どもの頃は日曜に畑の手伝いするのがイヤで、りんご農家は一番なりたくない職業だったけど(苦笑)。
浩吉ハルが帰って来るのはうれしかったけど、でも大変な仕事だから困ったなとも思ったな。
治男実際にやってみたら予想以上にハードだった。夏でも冬でも朝早くから作業して、なのにオヤジは体こわさないし。オレの方が風邪ひいたりギックリ腰になったり、ダメだぁ。
浩吉仕事が馴染むには10年ぐらいかかるじゃねえかい。種まいてすぐに実る作物なら年に何回か練習できるけど、りんごは1年に1回だけずら。ハルはまだ3回しか経験してないだもの。オレだって、たった50回だけでさ。「これだ!」ってもんは、そうそうできないさ。お天気には勝てないし。
治男まだまだ修行中だけど、シードルもやりたいし、奥さんパティシエだったから、りんごのお菓子もやってみたいし。夢は広がるな。
浩吉オレの飲み物は焼酎だけだから(笑)、シードルは全然わからん。そっちはお任せだわ。



八ヶ岳の麓、標高900mの日当りの良い南斜面では、色づきが良く実のしまったりんごが育ちます。有機肥料で地力を高めながら減農薬栽培を続ける父のもと、元ソムリエの息子が鋭意修行中です!


標高900mで実った完熟りんご

  • 標高900mで実った完熟りんご
  • 標高900mで実った完熟りんご
  • 標高900mで実った完熟りんご

つくり手・商品情報

社名 りんごやSUDA
住所 長野県南佐久郡佐久穂町
代表者名 須田 治男
URL http://www.shop-online.jp/ringoyasuda
電話番号
メール
出品商品 商品名 標高900mで実った完熟りんご
商品内容 完熟りんご(3kg) 時期により、サンつがる、秋映(あきばえ)、シナノスイート、シナノゴールド、サンふじ
お届け時期 09月上旬〜03月下旬
お届け地域 翌々日配達可能地域
受取日確認 必要なし
お届け温度帯 常温
賞味期限

無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス