ホーム > 金三郎十八代目

金三郎十八代目

山形県鶴岡市越中山

つくり手/販売者・商品情報

甘くてみずみずしい庄内柿
左から 五十嵐大輔(夫)、五十嵐 由紀子(妻)

甘くてみずみずしい庄内柿

庄内柿を初めて食べた時にビックリした!「何でこんなに瑞々しいの?」って


大輔何年も注文をくれている東京の方で、「えっ?大ちゃんのところ、甘柿じゃなかったの?」っていうお客さんがいだね。
由紀子私は県外から庄内に嫁いで、この家の庄内柿を初めて食べた時に「柿なのに何でこんなに瑞々しいの?」ってビックリしたもの。
大輔柿は渋を抜くものだし熟してくるとどんどん甘くなるのを、庄内とか山形の人たちは知ってるからの。
由紀子だから県外のお客さんに「柿とは全く違う果物だと思ってください!」って言うと興味を持ってくれるよね。
大輔んだの~。「果物王国・山形」って言うけど、その基礎にあるのは庄内柿だと思うな。金三郎も歴史があるし、庄内柿にも歴史がある。柿の多様性というのをガンガン伝えていければ、他の果物にも負けないんじゃないかな。
由紀子私は農家としての手伝いは、ほぼしてないけど。(笑)
大輔でも、営業とかデザイン面で由紀子が持つ目線や役割は大きいと思ってる。贈答用の箱をデザインしたり、ウチの商品の説明にもなるよねっていうので手ぬぐい作って、マルシェとかで販売したりして、評判がよくていがったの。
由紀子まだまだ色んな形で情報を出したり、共感してくれる人を増やすしかないよね。欲する人にどうやれば届くかな~っていうのをチャレンジし続けるしかない!ということだよね。ね、大輔さん!
大輔その通りです!(笑)



山形県鶴岡市で約400年続く農家を営む五十嵐家。屋号が金三郎。種がなくとろける様な甘さの渋柿「平核無」という品種の庄内柿をメインに天然山菜や在来作物の生産・販売に取り組む。



  • 甘くてみずみずしい庄内柿
  • 甘くてみずみずしい庄内柿
  • 甘くてみずみずしい庄内柿
  • 甘くてみずみずしい庄内柿

つくり手/販売者・商品情報

つくり手名 金三郎十八代目
住所 山形県鶴岡市越中山
代表者名 五十嵐 大輔
URL https://www.facebook.com/kinzaburo18/
出品商品 商品名 甘くてみずみずしい庄内柿
商品内容 ・庄内柿 贈答用 (3kg)
特記事項
お届け時期 11月上旬〜11月上旬
お届け地域 全国
お届け温度帯 常温
賞味期限 冷暗所で1週間