・カタログギフトの商品交換申込期間は6ヶ月です。詳しくはこちら 地元のギフトとは
【ご確認ください】
令和6年能登半島地震によるお荷物のお届けについて詳しくは こちら

お知らせはありません。

商品番号:20201

kimoriシードル ドライ&スイートセット

拡大画像
商品内容
シズル写真
作業場外観
没頭写真

商品番号:20201

kimoriシードル ドライ&スイートセット

商品内容

・kimoriシードル ドライ(375ml)×1本
・kimoriシードル スイート(375ml)×1本

※20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。


賞味期限:
なし

お届け温度帯:
常温



お届け時期

通年

つくり手紹介

弘前シードル工房kimori

(青森県弘前市)

弘前シードル工房kimori

” 人と集まって楽しむ一番の手段は お酒だと思った ”

木村

どうしてシードル造りを始めたんですか?

高橋

2008年ぐらいに傷ついたりんごをそのまま捨てるのをどうにかしたいと思ってね。

五十嵐

たしかに味は良いのに外に傷がついただけで商品価値が低くなってしまうのは悔しいですね。

高橋

それに、りんご畑が減っていくと他の産業にも影響がでるかもしれない。だから、樹の下に地域のみなさんに集まってもらい、りんごに囲まれた生活の楽しさを知ってもらえばいいかなと思って、そこで楽しむにはお酒かなと思ったんだよね。私もお酒好きだし(笑)。

奈良

なるほど。ところで、りんご作りにはどんな思い入れがありますか?

高橋

最初は実家を継ぐつもりはなかったけど、りんごの仕事を手伝うにつれてりんごの樹一本一本が愛おしくなってきた。りんごは自分の子どものように思える(笑)。

奈良

私の実家もりんご農家なのでその気持ちはすごく分かります(笑)。

高橋

りんごは青森に入ってきてもう140年になるけど、りんごの礎を築いた人々のおかげで今の青森があるかもしれないね。

木村

たしかに、ここのシードルにはたくさんの人々の思いが詰まっているような気がします。

高橋

だからこそ、多くの人に飲んでもらえたら嬉しいなぁ。

弘前シードル工房kimori

弘前市りんご公園にある弘前シードル工房kimori。フランスと同じ、ろ過しない濁りのある製法でりんごの風味が強い。kimoriの由来は「木守り」から。豊かなりんご畑を後世に残したいという願いをこめている。

弘前シードル工房kimori

代表者名:高橋哲史

URL:http://kimori-cidre.com/