贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > アイアカネ工房

アイアカネ工房

長崎県雲仙市小浜町

つくり手・商品情報

食べる藍シリーズ ギフトボックス
左から江口雅志さん(販売支援)、鈴木てるみさん(代表)

食べる藍シリーズ ギフトボックス

藍って高級なイメージがあるけれど、 実は日々暮らしに馴染むもの


江口藍のしごとは、いつから始めたんですか?
鈴木もともとは趣味だったんだけど、いつか工房でやりたいと思っていてね。4年前に雲仙に空き家があるよって教えてもらったのよ。一度来てみたら、藍も育てられるし水もきれいだし。でも、家はボロボロで畑もガタガタだったから、まわりの人に助けてもらいながら壁を貼ったり土を耕したりしたなあ(笑)。
江口ゼロからつくりあげたんですね!藍が食べられるって聞いてびっくりしましたよ。僕はもともと料理の仕事をしていたので興味があります。藍の青みも、醗酵して出てくる色だって初めて知りました。
鈴木私も知らなかったんだけど、調べていったら昔は日常的に藍の葉や茎をお茶にして飲んでいたんだって。でも、ちょっと好みが分かれる味だからハーブとブレンドして飲みやすくしてみたんだよね。
江口食材としての藍の文化も広めていきたいですね。
鈴木そうなの。藍って高級なイメージがあるけれど、実は日々の暮らしに馴染むものってことを大切にしていきたいなあ。オリーブ園で江口くんとやったような体験型のワークショップも続けていきたいな。
江口はい。長崎の美しい風景を一緒に味わえるようなイベントをお手伝いして、お店側とお客さんの輪をつくっていきたいです!



自然豊かな雲仙市小浜町・刈水地区にある「アイアカネ工房」。工房の畑で育てた藍や綿で作品をつくり、染めや織りの体験教室を行う。<食べる藍シリーズ>では「薬草」としての一面も伝えている。


食べる藍シリーズ ギフトボックス

  • 食べる藍シリーズ ギフトボックス
  • 食べる藍シリーズ ギフトボックス
  • 食べる藍シリーズ ギフトボックス

つくり手・商品情報

社名 アイアカネ工房
住所 長崎県雲仙市小浜町
代表者名 鈴木 てるみ
URL
電話番号
メール
出品商品 商品名 食べる藍シリーズ ギフトボックス
商品内容 ・藍のお茶(ティバッグ8個入)×1袋
・藍のハーブティ(ティバッグ8個入)×1袋
お届け時期 通年
お届け地域 全国
受取日確認 必要なし
お届け温度帯 常温
賞味期限 10ヶ月

無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス