贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 会社概要

会社概要

社名

株式会社地元カンパニー

住所

〒386-0508 長野県上田市上武石662

代表取締役

児玉光史 (写真左)

asupara_front

代表者メッセージ(2017年7月)

当社のWEBサイトをご覧頂きましてありがとうございます。表示速度が遅かったり、説明がわかりにくかったりでご不便をおかけしてしまって申し訳ございません。日々使いやすように改善してはいるのですが、なかなか皆様に満足いただける状態にはまだまだ到達しておりません。がんばります。

地元のカタログギフトは、代表の私が自分自身の結婚式のためにつくったのがスタートとなります。私自身は長野県上田市のアスパラ農家に生まれました。友人の結婚式に参列し、その度に引き出物をちょうだいはしたのですが、こういってはなんですが、ぐっと来るものがないというか、新郎新婦と引き出物の間に関係性を見出せないといいますか。そんな思いもありまして、自分の結婚式の引き出物は、実家のアスパラを贈りたいなぁと思っていました。結婚式を挙げる機会にも恵まれまして、改めて引き出物を考えたところ、日頃から実家のアスパラをよく食べてくださっている参列者もいますし、当日アスパラを渡すこともできないという当たり前の事実にも気づきまして、農家の友人たちに協力してもらい、農産物が選べるカタログギフトをつくったというわけです。会社設立のタイミングともリンクしており、会社の一つの事業として「地元のカタログギフト」をスタートしました。

贈る人らしさを表現する

なんとなく決めた贈り物からも、じっくり時間をかけて決めた贈り物からも、贈り物からは贈った人のその人らしさが滲み出てくると思います。だからこそというわけではないんですが、贈る人のことができる限り正確に伝わってほしいなと思っています。小さな農家の農産物や、地方の加工品などが簡単に贈り物として贈ることができる環境を整えることで、贈る人のその人らしさを正確に表現する手段を増やしていきたいと思っています。贈り物にはいろんな機能があると思いますが、贈る人と受け取る人の関係性が少しでも強まることが大切だと思っていまして、そういった意味でも、贈る人らしさがしっかりと表現されている贈り物を提案していきたいと思っています。


事業理念

贈る人らしさを表現する

設立

2012年4月6日

資本金

300万円

従業員

8名

オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス