・カタログギフトの商品交換申込期間は6ヶ月です。詳しくはこちら 地元のギフトとは
【ご確認ください】
令和6年能登半島地震によるお荷物のお届けについて詳しくは こちら

お知らせはありません。

商品番号:1000340

上撰 越冬空豆

拡大画像
商品内容
シズル写真
作業場外観
没頭写真

商品番号:1000340

上撰 越冬空豆

商品内容

・約1.3kg(3粒入り莢25本前後)


賞味期限:
冷蔵にて7日程度

お届け温度帯:
冷蔵



お届け時期

2月下旬〜4月上旬

つくり手紹介

まめそら

(鹿児島県指宿市)

まめそら
左から 橋木優(生産者)、小窪良太(代表)

” 指宿市から 本当に美味しいそら豆を届けたい ”

橋木

りょうたさんは兄貴の友達で、もう中学生の時からの付き合いですよね。俺は20代前半から農業を始めて、今はそら豆を中心に栽培しています。

小窪

俺は上京して不動産の管理会社で働いていたけど、ある時、母さんが送ってくれたそら豆を職場の仲間に食べさせたらこれが大評判で(笑)。

橋木

そら豆といえば指宿市が全国ナンバーワンの生産地。俺たちは子どもの頃から当たり前のように食べてた(笑)。

小窪

そうそう。試しに都内のスーパーで売ってたそら豆を食べたら味が全然違うんだよ。本当に美味しいそら豆をたくさんの人に食べてほしくて故郷に帰って栽培するようになったんだ。今は俺は販売中心で、生産はまさるに任せているよね。

橋木

そうですね。土づくりにはこだわっています。うちは子どもがいるから、家族が安心して食べられるものを心掛けてつくっています。天候によって出来が左右されるから毎年が勉強(笑)。

小窪

そうだよね。俺はただそら豆を売るだけじゃなくて、どんな思いでつくっているのかも伝えたいんだ。ネットやマルシェで販売しているけど、今ではリピーターも増えて、季節になると毎年買ってくれる。

橋木

嬉しいですね!自分でも味が良くてきれいな豆ができると、やっていてよかったなって。

小窪

これからも指宿市からそら豆を発信していきたいね!

まめそら

鹿児島県指宿市で育った「まめそら」の上撰越冬そら豆は香りもよく大粒でボリューミー。おたふくの面のようにふっくらしている形から別名「お多福豆」とも呼ばれ、縁起物としても愛されている。

まめそら

代表者名:小窪良太

URL:http://www.mamesora.jp/