・カタログギフトの商品交換申込期間は6ヶ月です。詳しくはこちら 地元のギフトとは
【ご確認ください】
令和6年能登半島地震によるお荷物のお届けについて詳しくは こちら

お知らせはありません。

商品番号:201001

林米(ハヤシライス)

拡大画像
商品内容
シズル写真
作業場外観
没頭写真

商品番号:201001

林米(ハヤシライス)

商品内容

・長野県駒ケ根市産コシヒカリ5kg


お届け温度帯:
常温



お届け時期

通年

つくり手紹介

Hayashi Rice Farm

(長野県駒ヶ根市)

Hayashi Rice Farm

” お父さんのお米、美味しいから好き。僕も大きくなったらお米屋さんになる ”

英之

大地は今年も田んぼを手伝ってくれたよな。

大地

うん。田植機の運転した!

英之

一緒に乗って、植えたよね。今年はコンバインにも稲刈り機にも乗ったね。

大地

楽しかった〜。

英之

お父さんも保育園の頃、おばあちゃんのお手伝いをしてたよ。大地のひいおばあちゃんと。それこそ、ずくの固まりみたいな人だったから、今でも農家ってずくだな。って思うよ。

大地

僕、お父さんのお米、美味しいから好き。

英之

そうかそうか。お父さんは2003年から米農家をやっているけど、2年目の年に大凶作になっちゃったんだ。でもそこで、辞めようじゃなくて「こりゃ悔しいわ」って思って真剣に米作りをするようになった。一回失敗したからこそ、その経験をバネに頑張れたんだよ。

大地

ふーん。

英之

大地は生まれながらにして米男だもんな。この前も新米が取れて、真っ先に保育園のお弁当に詰めて行ったら「新米男」って呼ばれたんだよな。

大地

えへへへ。

英之

大地は大きくなったら何になりたいの?

大地

お米屋さん。僕、大きくなったらお父さんみたいにお米作る。

英之

あれ?この前は孫悟空になるって言ってなかった?

大地

それはもう辞めたの!僕はお米屋さんになるの!!

英之

あはは、そうだよな。農業はまさにずくだからな。お父さんと一緒にずく出していこうぜ。

Hayashi Rice Farm

美しい山々に囲まれた駒ヶ根の米農家・林親子。「駒ケ根の美しい景観は、次の世代から「預かっている」もの。この景色を残すためには、稲作を続けていかなければ。」と父・英之は語る。

Hayashi Rice Farm

代表者名:林英之