・カタログギフトの商品交換申込期間は6ヶ月です。詳しくはこちら 地元のギフトとは
【ご確認ください】
令和6年能登半島地震によるお荷物のお届けについて詳しくは こちら

お知らせはありません。

商品番号:201602

プルーン

拡大画像
商品内容
シズル写真
作業場外観
没頭写真

商品番号:201602

プルーン

商品内容

生食サンプルーン(1.2kg)


お届け温度帯:
冷蔵



お届け時期

9月中旬〜9月下旬

つくり手紹介

土屋果樹園

(長野県佐久市)

土屋果樹園

” ここが生プルーンの元祖 同じ味は、よそではできないんだ ”

則明

収穫前に2日ぐらい雨に濡れると、プルーンは裂果しちゃうんだよな。糖度が20度以上あるから割れやすいんだ。雨に備えて、全部の木にシートを掛けないと。

喜弘

高校の頃だっけ、あの台風はヤバかった。シート掛けてたら杭がバンバン外れちゃって、それを抑えるのに必死だった。

則明

夜中までやって、きつかったな。喜弘は長男のせいか、メインで手伝ってくれたもんな。

喜弘

ヒマだったからね。

則明

だけど、もっと自発的にやらなきゃいけねぇやな。

喜弘

あっそう(苦笑)。一番手伝ったのは高校、大学かな。ちょうど夏休みで帰省してたし。

則明

そういえば、将来のことはほとんど話したことないな。俺が本格的に始めたのは30過ぎだから、それぐらいまでに方向性決めるんでいいじゃないかと思うけど。まあ、少しずつってとこか。

喜弘

ま、そんな感じで(笑)。

則明

何しろここは生プルーンの日本の元祖だから。同じものを標高低いところでつくってもおいしくない。気候に味が左右されるからな。ここは650から700mあるからいいんだよ。

喜弘

うちは昔からあるから、あんま食べないよね。

則明

お手伝いに来てくれる人のほうがよく食べるな。栄養豊富で美容と健康に役立つこととか、もっと知ってほしいなあ。

土屋果樹園

「サンプルーン」は則明の父が50年ほど前につくった品種、ここが発祥の地です。日本では珍しい生プルーンのおいしさと栄養価を広めるべく奮闘する父を、マイペースな息子がサポートしてます。

土屋果樹園

代表者名:土屋則明