・カタログギフトの商品交換申込期間は6ヶ月です。詳しくはこちら 地元のギフトとは
【ご確認ください】
令和6年能登半島地震によるお荷物のお届けについて詳しくは こちら

お知らせはありません。

商品番号:202508

あったか3種のスープセット

拡大画像
商品内容
シズル写真
作業場外観
没頭写真

商品番号:202508

あったか3種のスープセット

商品内容

・熟成かぼちゃと玄米のスープ
・濃厚じゃがいもと玄米のスープ
・香り豊かな人参と玄米のスープ
(150g)×各2箱づつ

※特定原材料:乳


お届け温度帯:
常温



お届け時期

通年

つくり手紹介

のらくら農場

(長野県南佐久郡佐久穂町)

のらくら農場

” 子どもでも思わず手を伸ばしたくなるスープ ”

萩原

会社を辞めて1997年の夏に東京から来たんだけど、その時は冬の寒さを知らなかったんだよね。寒いの苦手なのに(笑)。他の場所は探さずに、ここに住もうとすぐ決めたね。

宮島

潔いですよね(笑)!僕はセネガルで野菜栽培を経験して、今後の人生は農業をやっていきたいと思って、ここの求人を見て来たんですよ。今から2年半前だから28歳の時だったかな。

萩原

スープは丁度たつさんがここに来た年からつくり始めたんだよね。「正直言うと、ここの冬は仕事がないから、スープつくろう!」って。よくついてきてくれたよね(笑)。

宮島

具材の野菜選びから、調理方法、パッケージのデザインまで、本当に一から全部つくりましたよね。関われてすごく良かった。

萩原

チーム力をアップするのに役に立ったよね。「バーコードってどうやってつくるんだ?」とか、色々大変だったな(笑)。添加物は入れずに品質にこだわってつくって、最終的には子どもでも思わず手を伸ばしたくなるような美味しいスープができたと思ってるよ。

宮島

状況に応じて変化していけるところが、僕たちの持ち味だと思うな。良い変化をしていけるように萩原さんと一緒に頑張らなきゃと思ってますよ!

萩原

一歩先が良く分からないままでも、止まってしまうんじゃなくて、先に進む力をつけていきたいよね。

のらくら農場

1998年より身体に優しい野菜づくりを目指し、有機野菜を栽培している「のらくら農場」。手間暇かけて畑のミネラルのバランスを考え標高1000mの湧き水が豊富な場所で採れる野菜は格別の味。

のらくら農場

代表者名:萩原紀行

URL:http://www.norakuranoujyou.com/