・カタログギフトの商品交換申込期間は6ヶ月です。詳しくはこちら 地元のギフトとは
【ご確認ください】
令和6年能登半島地震によるお荷物のお届けについて詳しくは こちら

お知らせはありません。

商品番号:290601

手延べ三輪そうめん

拡大画像
商品内容
シズル写真
作業場外観
没頭写真

商品番号:290601

手延べ三輪そうめん

商品内容

・手延べそうめん(約1kg)×1箱

※特定原材料:小麦


賞味期限:
製造より約1年半

お届け温度帯:
常温



お届け時期

通年

つくり手紹介

手延べ三輪そうめん 玉井製麺所

(奈良県桜井市)

手延べ三輪そうめん 玉井製麺所
左から 玉井定子(母)、玉井勝徳(息子)

” 天日干しを用いた昔ながらの手延べ製法「ほんまもん三輪素麺」 ”

定子

私は26才の時に嫁いできて、この仕事を始めました。初めは何より朝が早くて大変でした。前職は洋裁の仕事だったから、朝は早くなかったんですよ(笑)。

勝徳

僕は、東京で仕事をしていたんだけど、父の体調不良で後を継ぐために戻ってきました。そして何より、三輪素麺をみんなに知ってもらいたいという気持ちでした。

定子

今はもう歳も歳だから、みんなを手伝うって感じでお仕事させてもらってるんです。

勝徳

僕は今素麺の材料を混ぜる作業をしているんですけど、日によって分量を変えないと麺を伸ばしている時に麺が切れてしまうんです。以前は父とやっていましたが、今は一人で任されていて、責任感のある仕事だなと感じています。それでも、良いものをお客様に届けるために日々研究ですね(笑)。

定子

だからお客様からの反響も多くて、この前は急に「あんたんとこのがおいしい。」と注文をいただいたんです。嬉しいですね!他にも多くのお声をいただけるんです。私のおすすめは、アレンジした素麺もおいしいですがアレンジせずそのままの素麺をシンプルに麺つゆで召し上がるのがおすすめですね!

勝徳

これからも伝統産業として歴史の長い三輪素麺を伝統的なつくり方で、お客様においしいと言ってもらえる三輪素麺をつくり続けていきたいですね。

手延べ三輪そうめん 玉井製麺所

1913年創業の「玉井製麺所」。昔ながらの天日干し・手延べ製法で、家族を中心に手間を惜しまない少人数少量生産。素麺を結束する帯には三輪素麺の認定商品としての証「鳥居印」が印されている。

手延べ三輪そうめん 玉井製麺所

代表者名:玉井昭治

URL:http://www.soumen.info/index.html