・カタログギフトの商品交換申込期間は6ヶ月です。詳しくはこちら 地元のギフトとは
【ご確認ください】
令和6年能登半島地震によるお荷物のお届けについて詳しくは こちら

お知らせはありません。

商品番号:381501

白磁四方皿

拡大画像
商品内容
シズル写真
作業場外観
没頭写真

商品番号:381501

白磁四方皿

商品内容

・ 四方皿
(約15.7x15.7×高さ3.7cm)×1枚

※受注から約2~3ヶ月後の納品のとなりますので、ご了承ください。


賞味期限:
なし

お届け温度帯:
常温



お届け時期

通年

つくり手紹介

長戸製陶所

(愛媛県伊予郡砥部町)

長戸製陶所

” 日常の中で誰かの心を豊かにする、 そんな食器をつくりたい ”

純子

砥部焼の特徴っていうと染付なのかな?

哲也

白の素地に藍色の絵付けをするのは昔っからだし、そうだろうね。

裕夢

砥部では120軒くらい窯元があって同じ砥部焼をつくってるのに、全く同じ作品はないから奥が深いよね。いつも自分が好きなものや欲しいものをつくって、共感してくれたお客さんが対価にお金を払って買ってもらえるのは、すごくありがたい。

哲也

気に入ってくれたお客さんの紹介で新しいお客さんが来てくれるのも嬉しいよね。地元のみかん農家さんからいただいた木から釉をつくって仕上げた裕夢の器はいい作品だと思う。

純子

ひろの小さいころから何かにつけてこだわりが強かったところも陶芸家としては良かったのかもね(笑)。

哲也

シールとか歌とか、保育所の先生に言われたとおりになんかしなかったもんなぁ(笑)。でも危ないことには関わらないから要領がいいというか。

裕夢

陶芸家目指したのも実家が窯元やってたことが大きかったしね(笑)。でも京都で勉強してからは夢中だよ。窯出しのときに焼きあがった作品を見るのが一番どきどきする!

哲也

何もないところから一つの形をもったものが出来上がるのはとても魅力的だな。

純子

うん。出来上がった作品が誰かの日常で使われて、その人の心を豊かにすることが出来たらいいよね。食卓を飾るお気に入りの食器がうちのものだったら、こんなに嬉しいことはない。

長戸製陶所

愛媛県砥部町で家族3人、窯元を営む「長戸製陶所」。数々の作品は砥部焼の伝統に作者それぞれのこだわりが織り交ぜられている。日々の生活に馴染みやすい手づくりの器を丁寧な暮らしの食卓に。

長戸製陶所

代表者名:長戸哲也

URL:http://www.tousaigama.com/