ホーム > みんなで乗り切るギフト

みんなで乗り切るギフト

「みんなで乗り切るギフト」を贈って、コロナの影響を受けながらも頑張る生産者さんや、医療関係者の方を応援しませんか?

「みんなで乗り切るギフト」とは?

新型コロナウイルスで影響を受けている生産者の産品だけを集めたグルメカタログギフトです。

地元のギフトの既存の出品者 600 事業者程度にアンケートを送付したところ、2日間で150(約25%)の出品者様からコロナによる飲食店の営業停止や、観光客の減少で、食材や商品の在庫が余り困っているとの声が上がりました。そのような状況下にある生産者を応援するために、本ギフトは開発されました。

「つくり手」「購入者」「ギフトを受け取る方」みんなで新型コロナウィルスを乗り切っていこうという想いがこめられています。


みんなで乗り切るギフト

カタログギフトの商品を選択し申し込むだけで、生産者さんを応援できます。

出品者さんを応援できる

「みんなで乗り切るギフト」のご購入はこちらから

\ 価格が手頃で贈りやすい /

やまぶきコース
3,000円〜

\ ラインナップが豊富 /

さくらコース
4,000円〜

\ 商品の内容量が多い /

わかたけコース
5,000円〜

\ より豪華でギフト向き /

ふじコース
10,000円〜


さらに...

このギフトでは医療関係者の方にカタログギフトを寄付することもできます。



「みんなで乗り切るギフト」ではギフトを受け取った人が食べ物の商品だけでなく医療関係者への寄付を選択することもできます。通常のカタログギフト掲載商品と同じようにハガキやWEBで「寄付」を選択して申し込みをするだけで医療関係者へカタログギ フトを寄付できます。


医療関係者の方の声


医療関係者の声

訪問看護ではお宅に訪問し、発熱あればすぐに防護服に着替えます。高齢者の方は室内が暑く、熱がこもっているだけか本当に発熱かわかりにくいことがあります。家族が濃厚接触者だった際もあとから知らされたりしました。今はワクチン接種をして自分の身を守る材料が少し増えましたがまだまだ油断できないのが現実です。





医療関係者の声

コロナ患者さんを受け入れている中で、通常業務も行わなくてはならない。





医療関係者の声

最近は暑い日が多く、熱中症などで熱がある患者さんも増え、37度以上の患者さんにはコロナ対応として完全防備で検査をしなければならないため、着替や掃除が大変です。肺炎像がなくてもコロナ陽性の場合も増えてきたため毎日気が抜けません。コロナ病棟が満床のときは、少し熱があるだけの患者さんでも万が一コロナだった場合入院ができないため、救急を断らないといけません。(他の病院でも同じ状況だと思うのでたらい回しになるのだと思います) 医療崩壊が進んでいるなと感じます。





医療関係者の声

入院になる前にCPR検査をしてもらって来ます。また入院時にも行い、二重に実施しています。すでに療養中の患者の中には施設に行く人もいますが、その施設先で感染者が出ると退院できないでいます。また家族の予防接種や自宅療養の都合により、退院できないケースもあります。





医療関係者の声

緊急事態宣言が長引く中、少しでも患者の方々に安全安楽な環境が提供出来るよう感染対策に注意した医療を提供しています。





医療関係者の声

濃厚接触患者のPCR検査が平日毎日行われておりクラスター対応もあります。





医療関係者の声

コロナ患者が毎日のように受診、入院してきています。中には重症化する方もおられます。





医療関係者の声

コロナ患者のための病棟を立ち上げて受け入れしています





医療関係者の声

臨床検査技師として働いています。院内PCRはもちろん他の検体検査も全て担っています。奇跡的に感染せずにきていますがいつかかっても仕方ないと日々思いながら戦っています。正直感染対策にはうんざりですし、医療従事者だから自覚を持って○○するなと制限ばかりで心も身体も限界です。





医療関係者の声

感染者のピークの時よりかは重症度が下がりましたが、緊急入院の場合などグレー対応(感染している前提)で受け入れているような状況です。





医療関係者の声

第5波真っ最中に比べると発熱やコロナ罹患患者さんの数は減りましたが、入院受け入れや救急での患者対応での感染予防は欠かせないので大変です





医療関係者の声

病院とは違い、各家庭に訪問させてもらっているので、感染症対策もそこにあったようにしないといけない難しさがあります。





医療関係者の方の声
ギフトを受け取りたい